プロフィール

> プロフィール

桑原 透(くわばら とおる)

1957年  紋別市生まれ
◇白石南郷小学校入学、東区北小学校卒業、
  東区北栄中学校入学
 1976年 釧路工業高等学校卒業
 1976年 釧路電報電話局(現NTT)入社
 2019年 札幌市議会議員5期目当選
◇家族は、妻と子供3人、8人の孫
◇主な政党歴 札幌市議会民主市民連合 会員
 立憲民主党北海道第三区総支部副代表
 立憲民主党清田区支部副代表
◇市議会所属委員会 札幌市議会副議長
 厚生委員会委員

最新の記事

第3回定例市議会代表質問

 第3回定例市議会の代表質問が行われ、新型コロナウイルス感染症への対応や、22年度までの中期計画「アクションプラン2019」に掲げる事業の着実な実施を求め、質問に入った。

Read More »

第3回定例市議会【開会】 補正予算

感染症に強い社会構造を確立
補正予算など24議案を提出
 第3回定例市議会が9月23日開会し、秋元克広市長は、新型コロナウイルス対策費を盛り込んだ454億8,500万円の2020年度一般会計補正予算案など24議案を提出した。新型コロナへの対応分を含め473億5,100万円を追加する一方、感染拡大の影響で中止や縮小、延期した事業の見直しなどで18億6,600万円を減額した。秋元市長は提案説明の冒頭、「アフターコロナの社会を中長期的に見据えたまちづくりに取り組むことで、感染症に強い社会構造を確立し、安心して市民生活や社会経済活動を営むことができる街を作り上げていく」と述べた。会期は11月2日までの41日間。

Read More »

令和2年第2回定例市議会報告

オール札幌で苦境乗り越える
 第2回定例市議会は6月3日、代表質問が行われ、民主市民連合が登壇した。冒頭、新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方に対して哀悼の意を示すとともに、感染症対策との闘いの最前線で尽力している医療従事者などに対し感謝の意を表明。また、社会・経済活動の再開に向け、「直視すべき課題は山積している。状況は厳しいが、オール札幌で取り組んでいく」と述べた後、11項目にわたって質問した。

Read More »